江戸風鈴って?




*名称の由来*
 儀治は先代から受け継いだガラス風鈴を、昔の東京すなわち「江戸」で、
江戸時代から作られていたことから 昭和40年頃、「江戸風鈴」と名付けました。

 ですから、江戸風鈴という名称は儀治のブランド名と思ってください。
そのため、儀治の承諾を受けた裕、正義、そして、その一門が江戸風鈴の名称を使用出来るわけです。
 それまではガラス風鈴,あるいはビードロ風鈴などと呼ばれていました。

 一個一個が手作りですので、同じ形・同じ柄でもそれぞれ異なる音がします。




*江戸風鈴の製造所*
 現在、篠原風鈴本舗、篠原まるよし風鈴の合計2カ所だけです。




*作り方*
炉の中の温度は1,320度前後です。
炉の中には坩堝というつぼが埋め込んであり、その坩堝の
中にガラスが溶けています。そのガラスを巻き取って膨らますのです。
 

          
口玉
ガラスのタネを一円玉ぐらい巻き取ったところ。
左側のガラス棒は、ともざお、といいます。

この小さな玉を口玉といいます。
後で切り離し、鳴り口にします。




本体
口玉の上にもう一度、ガラスを巻いてきます。
この部分が風鈴本体になります。




穴あけ
本体の部分を少し膨らまし、針金で穴をあけます。
(後で、糸を通す穴になります。)





完成
おしまいに一息で膨らます。


この様に、型を使わず空中でふくらます方法を宙吹き(ちゅうぶき)といいます。
篠原風鈴の風鈴は、すべてこの方法で作られています。



口切り
20分ぐらいすると、冷めて触れるようになります。
口玉の部分を切り落として完成です。
江戸風鈴は鳴り口の部分はギザギザです。
コップのように滑らかにしてしまうと、滑って音がしないからです。

後は、絵を書き入れ,鳴らすようにして、完成です。


現在はガラスを溶かす炉に電気で制御された電気がまを使っていますが、
伝統的な炉はコークスが主な火力でした。
火の調節が難しく、職人たちは毎朝早くに起きて窯を整えていました。
窯
↑過去使われていたコークス窯




江戸風鈴の種類





江戸風鈴には様々な種類があります。
(数値はあくまでも平均的なものです。手作りのため、個体差に多少ばらつきがあります。)

*サイズ*
サイズ
左から 小丸(直径約8cm×高さ約7cm)
**江戸風鈴の中で一番基本的なサイズです**
中丸(直径約10.5cm×高さ約9cm)
大丸(直径約12cm×高さ約11cm)


*形*

かたち
左から
「ひょうたん」(直径約8cm×高さ約12cm)
「しんすい」(直径約8cm×高さ約10cm)
「小丸」(直径約8cm×高さ約7cm)
「すずらん」(直径約4cm×高さ約5cm)


copyright © 2003-2010 edofurin.com All Right Reserved.